読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごみるく屋さん

安田章大と仁兎なずなと瀬名泉と欅坂46が好き。アイドルはいいぞ。

担当とタイトルについて

わたしの担当とブログのタイトルについて書いていこうと思う。

まず担当。
と書き出せればよかったのだけれどそうもいかない。いままでのわたしなら迷わず安田担(担当っていうとすばるがとかどーたらこーたらいう人もいるがそれ以外なんて言えばいいのか分からないのでわたしは担当を使う)と言っていたが、

あれは先月末。9月29日のことであった。
(担当とタイトルについてのつもりだったが回想モードに入らせていただきたい)
あのときは考査週間真っ只中。テストが終われば午後は全休、家でまったり(勉強しろよ)できる最高の週間である。ちなみに5日間あるのだが、1日目はきちんと勉強した。たぶん。2日目は家でヒルナンデスを見ていた。それが問題だった(勉強しないとか担当と非担当に揺らぐとか)。
みなさんきっとその1週間後にあった芸能人グルメ旅は記憶に新しいかと思う。思わせてほしい。その番宣が流れたのを覚えていらっしゃる方がはたしているだろうか………
そこで伊野尾慧を、動いている伊野尾慧をほぼ初めて見た。
(補足:私には山田担の友人がおり、JUMPの曲は好きだったのでCDはだいたい入っており、かもなまいはうすを借りてPVを半強制的に見せられたことがある。また、ドル誌を買っていたので伊野尾慧の顔面は把握済みである)
あれ………(ときめく心)なんだろうこの気持ち……(伊野尾慧、気になる)Google先生youtube兄さん!

「伊野尾慧 ソロ」

動く伊野尾慧をもっと見たいと調べたらsmartの映像が出てきた。違法じゃね。まぁいっか。これがもう、ダメなのはお分かりだろう。24時間テレビも漁りまくった。ひたすら後悔した。さらに
なんかかっけぇ……指、綺麗……なにこいつ………
うちにあるドル誌を片っ端から読んだ。あるじゃん、伊野尾慧載ってるじゃん、、、この記事読んだことある、、、

無論次の日の考査はボロボロだった。

なのに

や め ら れ な い

伊野尾慧には中毒性があるとどこかで見た。沼だとも聞いた。その通りだと思った。
そしてその次の週、私は修学旅行で東京のホテルにいた。夕食を終えて番組表を見ていると、『 芸能人グルメ旅 』そして 『 伊野尾慧 』の文字が目に飛び込んできた。幸いまだ始まっていなかったので即チャンネルを切り替えてスタンバイした。
同室の友人が風呂に入ったと同時に伊野尾慧が出だした。ナイスタイミングじゃん。
かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
心の中で呟きながらテレビ画面を黙々と撮影していた。その数219枚。ダニエル呼ばわりされてめちゃくちゃ笑ったあと、伊野尾慧は颯爽と次の仕事へ向かったのだった。そして私も見切りをつけ風呂に入った。

修学旅行から帰っても伊野尾中毒は元に戻らない。私は安田担のはずと言い聞かせ、安田の動画を無理やり見まくった。それが功を奏したのか、安田への気持ちも若干戻ってきた。
私は怖かった。今まで4年半、ずっと誰にも気持ちが動くことはなかった。どんなにカッコいい俳優を見てもそこまでだった。まっすーいいな、そう思ったこともあったが深入りなどしたことはない。安田一筋で生きてきた。今17歳の私の人生の4分の1は安田とエイトとともに歩んできた。それなのに、こんなちょっとのことで担当が揺らぐなんてことがあるだろうか。
さらに、わたしにはTwitterで仲良くなり、何度か会って遊んだこともある安田担の相方がいた。
今年のLIVEは一緒に入ろう、
そう約束して、福岡両日を申し込んだばかりだった。
担降り と検索しまくって色々悩んだ。
そんなうちに今年のLIVEの当落が出た。
めでたく両日当選。
だが、それほどテンションが上がっていない自分がいた。あれ?
相方にもこのことを打ち明けた。掛け持ちにつあてどう思うか聞いてみたところ、複雑だ、とのことだった。
悩みに悩みまくった私は某質問サイトで悩みを打ち明けた。
とりあえずは今年のLIVEに行ってから担当を決めては?
そんな回答が来た。
救われたような気持ちだった。

そんなこんなで、わたしはとりあえず、
担当は安田章大、伊野尾慧は茶の間ファンだと仮に決定させてもらった。
ただ気持ちとしては
安田章大<伊野尾慧
のため、タイトルは
いちご(安田好物)とトマト(伊野尾好物)と白米(伊野尾好物)と。
と、若干伊野尾慧要素を多くしてみた。

いかがだっただろうか。
だんだん楽しくなってきて自分としては珍しく長く書いてしまった。
安田担になるまでも書けたら楽しそうだなと思ったので回想はまたやるでしょう。はい。

今日はここまで!
読んでくださった方ありがとうございます!